体験

侍エンジニア塾の評判を確かめるために無料体験!1万円分くらい価値があった

現在プログラミングスクールを検討していて、「完全オンラインで受講できる。」「無料体験ができる。」ところの無料体験を受けて回ってます。

今回は侍エンジニア塾というプログラミングスクールの無料体験を受けてきました。

侍エンジニア塾は、情報があまり多くなく、多少の不安があったんですけど、ここの無料体験はホントに受けて良かった。

ざっくりいうと、

  • プログラミング学習のバイブルがもらえる
  • フリーランスが身に付けるべき能力を把握できる
  • プログラミング学習のアドバイスをもらえる
  • 学習カリキュラムを作ってもらえる

ほんとプログラミング初心者には無料体験をおすすめしたい。正直、10,000円くらいなら払ってもいいんじゃ?という内容です。

というわけで、そんな侍エンジニア塾の無料体験談をあなたにシェアします。

\無料で学習コンサルしてもらえる/

侍エンジニア塾を見てみる

スポンサードリンク

侍エンジニア塾とは?

侍エンジニア塾公式ページより

侍エンジニア塾がどういうプログラミングスクールなのか簡単に説明すると、

  • 完全マンツーマン指導が売りのプログラミングスクール
  • フルオーダーメイドのカリキュラムで学習を進める
  • 受講は基本的にオンライン
  • 完全オリジナルのアプリが作れる
  • 就職できたら全額キャッシュバックの転職コースあり

こんな感じです。

あとは、2018年に大炎上したことでも有名で、口コミ調査をすると、かなり悪い評判が目立ちます。

一方で、悪い評判を真摯に受け止めて、業務改善をめちゃくちゃ頑張ってもいますので、まあ現在はフラットな見方で見ても良いと思っています。

詳しくは、以下の記事で書いていますので、ぜひこちらも読んでみてください。

侍エンジニア塾のマンツーマンが良い理由を聞いてみた

侍エンジニア塾の最大の特徴であるマンツーマン指導。

それって、結局何がいいのか?っていうのがよくわからなかったので、担当者にメールで聞いてみたんですよ。

で、返って来た回答を紹介しておきますね。

作品作りには長期的なサポートが必要

弊社では入塾する前のヒアリングの段階から、目標である作品作りについて一緒に考えていきます

そして、決まった目標に応じたカリキュラムをオーダーメイドで組ませていただいております。

つまり、専属の講師が一つのゴールを見据え、長期的な学習計画をたて、実現までの道のりをサポートするわけです。

こうすることによって、学習のための学習にならず、学んだことが作品作りの中で活きてきます

そのためには、3ヶ月から6ヶ月の間、長期でサポートする必要がありますので、「専属」という形にしております。

まず大切なのは、「学習のための学習」ではなく、「作品を作る」ことを主眼にしている点。

僕はいくつかプログラミングスクールの無料体験をしていますが、侍エンジニア塾には、他のスクールに比べて、「作品をつくる」ことへの執着を感じます。

先回りしたサポートが可能

2つ目に、生徒さんの作品作りのための、【先回りしたサポート】が出来るためです。

前述したとおり、作品作りというゴールを描いてから学習計画を立てますので、作品作りに必要な知識を予め「先回りして」、カリキュラムに組み込んで行くことが出来ます

例えば、Google Mapを活用したアプリを開発する場合、予めGoogle Map APIの簡単なサンプル作成を実習として組み込んでおくことにより、オリジナル作品作りの段階で躓かないようにするのです。

専属の講師が、作品作りに必要な情報を予め収集しておいてくれるので、全くの初めての方でも3ヶ月や6ヶ月という短期間で、作品作りが可能になるのです。

先ほども少し書きましたが、マンツーマンだと、指導する側も楽なんですよね。

目標や進捗がすぐに把握できるので、先回りしてサポートというのが容易にできます。

そうすると、必然的に指導の質が上がるというのはわかると思います。

あらゆる疑問や躓きを徹底サポート可能

プログラミング学習には疑問点やエラーなど、上手く行かないことが大量にあります。

教材を解くだけの学習であれば、これらも最小に抑えられますし、答える方も労力は余りかかりません。

なぜならば、回答集を作っておけば、コスト削減できるからです。

ただ、これが作品作りをサポートするとなると激変します。

エラーの量は数倍に膨れ上がり、教える知識の幅も広がり、場合によっては専用の教材を開発しなくてはなりません。

この作品作りをサポートをするためには、専属のマンツーマン講師をつける以外にはないのです。

知る限りでは弊社のマンツーマンコースのように、企画から開発、運用まで一貫したサポートを行っているプログラミングスクールはありません。

それらの99%が、教材と演習を解くサポートにとどまっています。

こちらが、侍エンジニア塾と、他社サービスの明確な違いになってきます。

やはり、侍エンジニア塾では「作品つくり」に重きを置いていて、他スクールと比べて、目標がかなり高いと思います。

それをサポートするには、マンツーマンでないと難しい、というのは納得ですね。

侍エンジニア塾の無料体験の概要

侍エンジニア塾を受講するかどうかはおいといて笑、無料体験だけでも受けてほしいと思っています。内容が素晴らしすぎるんですよね。本当に。

侍エンジニア塾で無料体験を受けると、こんなメリットがあります。

  • プログラミング習得の最強のバイブルとなる電子書籍がもらえる
  • 無料体験レッスン(という名のプログラミング学習コンサル)を受けられる
  • プログラミング学習~フリーランスエンジニアの業界事情まで、いろんな知識を得られる
  • オリジナルカリキュラムを作ってもらえる

冒頭にも書きましたが、これで無料とかありえない。もはや無料「体験」どころではありません。コンサルですね

ということで、詳細を説明していきます。

侍エンジニア塾の無料体験特典!プログラミング習得のバイブルがとても良い

無料体験登録者全員に、こういう電子書籍がもらえるんですね。

これはガチで、プログラミング学習のバイブルです。もうすでに3回は読み直しました。

この本を読んでも、プログラミングの技術がつくわけではないですよ(おすすめの教材は教えてくれますけど)。プログラミング学習に必要な学習方法が学べます。

そして、なぜその学習方法が有効なのかという説明が、「プログラミング学習の先」を見据えたものなんですよ。

僕はプログラミング勉強してると、「これ、何のためにやってるんだっけ?」みたいに、思うときがあります。

要は、プログラミングを勉強することが目的になってる状態。この状態はとっても危険で、やる気が続かなくなっちゃうんですよね。

そういうときには、一度リセットして、目標が何だったか考えたり、その目標を達成するための「今はこういう段階なんだー」とかっていうのを認識しなおすフェーズが必要だったりします。

目標を立ててひとつずつ学習をこなしていく!というのが継続のコツだと思ってますが、その目標なんだっけ?にとっても効くのがこの書籍です。

プログラミング技術習得のバイブルの中身は?

目次はこんなです。第二章の7ステップをたたき込みましょう!

第一章

  • はじめに
  • 今すぐプログラミングを身につけるべき理由
  • だれでもエンジニアになれる時代
  • 1ヶ月で人生を変える、プログラミング修得の7ステップ

第二章

  • STEP1 プログラミングを学ぶ「目的」を決める
  • STEP2 プログラミングで実現する「目標」を決める
  • STEP3 プログラミングを学ぶ「教材」を決める
  • STEP4 プログラミングを学ぶ「準備」をする
  • STEP5 プログラミングの「基礎」を固める
  • STEP6 プログラミング習得のキモ、「作品」を作る
  • STEP7 プログラミングで稼ぐために「仕事」を獲得する

最後に

無料体験レッスン(プログラミング学習コンサル)

僕は地方住みなんで、スカイプによるビデオ通話で体験レッスンを受けました。対応してくださった侍エンジニア塾のスタッフの方は、かなり頭が良く切れ者っぽい感じでした。

受け身な人は入塾拒否されるらしい

で、開始3分くらいで、こんなことを言われたのが印象に残りました。

うちは受け身な人は向いてません。入塾拒否することだってあります。

え?!「侍」って、受講生ぶった切るってこと?!ってなりましたね・・・若干ビビりました笑。

というのも、実際に入塾すると、週一回90分のレッスンを受けることになりますが、かなりのホームワークを出されるんですって。

それをこなせないのであれば、せっかく高い受講料払っても無駄になっちゃうし、「お金払うから何とかして!」みたいな人は、付いてこられないよ~って感じですね。

ライザップですね。ライザップ。

その分しっかりこなせば「結果」はついてくると感じました。

フリーランスエンジニアになるために必要な要素を教えてくれた

さて侍エンジニア塾が掲げる「結果」とは何かというと、それはフリーランスエンジニアとしてデビューすることです。

もちろん、転職とかっていう道もあるにはあるんでしょうけど、エンジニアになるなら、高単価で自由な働き方ができる、かつ超売り手市場という背景から、フリーランスという働き方が一般化しつつあります。

とはいっても、フリーランスとか案件とれなきゃ生きていけないじゃないですか。ましてや、プログラミングスクール出たばっかりの人間がフリーランスなんて・・・って感じですよね。

そこで、侍エンジニア塾では、フリーランスとして活動していくにあたって必要なポイントも抑え、しっかりサポートしてくれます。

フリーランスエンジニアに必要な要素を他スクールでは学べない

フリーランスエンジニアには、企画⇒設計⇒開発(コーディング)⇒改修という、開発全体を見ることが求められます。

しかし、一般的なプログラミングスクールで教えてくれるのは、「コーディング⇒改修」の部分だけ。

侍エンジニア塾では、「企画⇒設計」部分をカリキュラムに組み込んでくれます。そして、現役のエンジニアからそれらを学ぶことができるんです。

良い企画ができるかどうかで、クライアントの心は掴める!って侍エンジニア塾の方に熱く熱~く語ってもらいました。

クライアントの心を掴むことが、フリーランスとして生き残る秘訣!

何でかっていうと、この企画部分っていうのは、クライアントの要望を、こんな風に叶えてみせます!って提案をするフェーズなんです。

で、「え?そんなことできんの?」って示してあげられれば、めっちゃワクワクさせられますよね。

自分のできること>クライアントの要求だったとき、いかにそれをきちんと見せて(魅せて)あげられるかが重要になってくるのです。

それから、設計っていうのは、作業のフローを作ることを言います。いかに手戻りがすくない設計をできるかが、開発スピードに関わってくるんですって。

ここもきちんと学ぶ必要がありますよねー。時間大事ですもんね。

結果にフルコミット

まあこんな風に、プログラミングだけじゃないところまで踏み込んで、「フリーランスエンジニアという結果」にフルコミットしてくれるスクールってわけですね。

ほらやっぱりライザップですね。

オリジナルカリキュラムを作ってもらえた

すでに、お腹いっぱいくらい満足してたんですけど、何かカリキュラム作ってもらえるっていうんですよ。まじですかーと思いましたね。

「ちょっと時間足りないんで、後日もう一回説明してもいいですか?それまでにひな形をつくっておきます!」ってことだったんですが、僕もあんまり時間なかったから、翌日を希望。

スケジュールきつきつかなーと思ったんですが、「期日決めると頑張れるタイプ」らしく、翌日きちんとカリキュラムのひな形を出してくれました。すげえ。

で、できあがったのはこんな感じ。どどーん。

小さくて見えにくいかもしれませんが^^; ちゃんと企画、設計も入ってますねー。

このときのビデオ通話では、作ってもらったカリキュラムの狙いとか、細かい説明とかを話してもらいました。もう、完全に無料の域を超えてる・・・。

もうね、「あれ?ひょっとして僕もう入会した?後から、カリキュラム作ったんだから、金よこせ!って言われるパターン?」くらい思ってました。

当然、そんな詐欺っぽいことはなく、しつこい勧誘もなく。カリキュラムは6ヶ月用と3ヶ月用を用意してくれてて、「たぶんながやまさんは継続力あるんで、3ヶ月コースで十分かもしれません」とか言われるくらいです。

いやー6ヶ月売りたいんじゃないの?って思うんですけど。好感持てましたねー。

まだどこのプログラミングスクールに行くかは決めてないんですが、僕はこのカリキュラムを、独学の学習プランの参考にさせてもらい、プログラミングスクール受講の期間を短くさせようと決めました笑。すみません!

※2019年10月追記:現在のカリキュラムは、もっと細かくなっています。

最後に:侍エンジニア塾の無料コンサルだけは、絶対受けよう

というわけで、侍エンジニア塾の無料体験の体験談でした。

侍エンジニア塾の無料体験は、ほんとにすごいです。冒頭でも書きましたが、

  • プログラミング習得の最強のバイブルとなる電子書籍がもらえる
    無料体験レッスン(という名のプログラミング学習コンサル)を受けられる
    プログラミング学習~フリーランスエンジニアの業界事情まで、いろんな知識を得られる
    オリジナルカリキュラムを作ってもらえる

これだけのことが無料でできるという・・・

なんで無料なのかって思うかもしれませんが、まあ客引きのためですよね。だって、この無料体験を受けたあとの僕、侍エンジニア塾にかなーり惹かれています。

\無料で学習コンサルしてもらえる/

侍エンジニア塾を見てみる

オンライン完結型のプログラミングスクールランキング

僕はこれまでに、50社以上のプログラミングスクールを徹底調査し、その中から20社以上に直接話を聞いてきました。

その中にはオンライン完結型のスクールも含まれていますし、実際オンラインのスクールに通いしっかり実力をつけることができました。

そんな経験から、なるべく客観的にスクールを比較して、オススメできるオンラインスクールについてまとめています。

これからスクール選びをする人の参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク